アンダーヘアの処理の悩みは女性につきもの。
そのままにしておくとボサボサで感じが悪いですし、かといってサロンに通うと他人に見られるということで恥ずかしいと感じてしまいます。
そこでアンダーヘアを自己処理で行うわけですが、その際に痒みが出る場合が多く、多くの女性が悩んでいるようです。
何故痒くなってしまうのでしょう。それはカットされて尖った毛先がデリケートゾーンを刺激するためです。

まずアンダーヘアの痒みをなくすには根本である毛先の尖りをなくすことが一番です。剃ってそのままの尖った毛先を丸くする方法、一体どのような方法なのでしょう?

それにはアンダーヘア専用のトリートメントを使うのがベストです。アンダーヘア用トリートメントは近年雑誌などでも取り上げられているほど注目を浴びている商品です。

結構な人が使って、効果を実感しているかもしれないのですよ。まず、自己処理を行った毛先を柔らかくする効果があります。大抵の場合痒みはここで治まりますし、手触りもぐんと良くなります。

使ってみると本当にびっくりしますが、アンダーヘアは大体固い毛であるものです。しかしアンダーヘア専用のトリートメントをするとふわふわのアンダーヘアになることが出来ます。

彼氏などパートナーがいる場合、使っておきたいですね。口コミでも人気のアンダーヘア専用のトリートメント商品はインターネットで通販することも出来ます。

毛髪のお手入れはしっかりするのに陰毛のお手入れはしないなんて、考えてみればおかしな話です。
しっかりケアして自己処理後の痒みをなくしましょう。

 

アンダーヘア脱毛で痒みやかぶれがひどくなった時の対処法

日常生活の様々な面でダメージを受けているのがデリケートゾーンと呼ばれる箇所です。かゆみやただれなどが多く出る場所ですよね。生理時にナプキンを使用する女性が大半の中、かぶれてしまったという人もいます。

このようなかゆみやただれなど、日常生活ではそれほど深く関係ありませんが、アンダーヘアをお手入れした際にかぶれるということはかなり多く耳にします。

対処法として薬を使用することが出来ますが、実は身近な薬でかぶれ、ただれなどを治すことが出来るのです。それはオロナインという軟膏です1つくらいは家庭にあるのではないでしょうか。

もともとオロナインは消毒薬として使われることが多いので、細菌などが原因となったかぶれ症状を悪化させないために使うにはぴったりなのですよ。アンダーヘアを処理して細菌でかぶれた、ただれた、という場合の対処方法としてオロナインを使う、という手段が身近にあることを覚えておきましょう。
かゆみはとめることが難しいので、専用の薬を使うようにします。

フェミニーナ軟膏、メンソレータムフレディなどが市販薬として販売されていますから、手に入りやすいアンダーヘア専用の軟膏だと言われています。
かゆみを抑える成分が配合されているので、チクチクしたかゆみを抑えることが出来るのです。

気をつけておきたいのはオロナインはじめ他の薬を使い始めてから数日たってもかゆみやただれが改善されない場合です。自己判断での対処法では対処出来なかったことになりますから、皮膚科などの受診が必要になるかもしれません。

アンダーヘア付近は大変敏感な場所となっていますから、早め早めのケアが必要なのですね。特に女性は子供を授かる場所でもありますから、医療機関に早めにかかり、適切な処置を受ける必要があります。

今後の体のためにも婦人科などで一度受診をすることをオススメします。