脱毛サロンでも取り扱っていますし、もちろんセルフでも脱毛出来る便利なアイテムです。

しかしこのワックス脱毛で埋没毛になるリスクがあるということはご存知だったでしょうか。
毛抜きを使った場合に出来やすいと言われている肌トラブルが埋没毛です。

毛を無理矢理引き抜くことによって毛穴の中と皮膚部分が傷ついてしまうことにより起こる現象です。
ワックスは確かに短時間でデリケートゾーンを処理することが可能です。

しかしワックスをつけて毛を抜いているというだけの行為ですから、細胞は死滅していません。
ワックス脱毛をしてもその後またムダ毛は生えてきます。

それに最も怖いのはワックスを使った際に出来やすいと言われる埋没毛です。
Vラインなどデリケートな箇所の埋没毛については皮膚科によりますが処置出来ない部分もあるようです。

綺麗になりたくてセルフでワックス脱毛をしたのに、皮膚科や専門クリニックでアフターケアしなければならないのは悲しいことですよね。
治療費で数万円もかかる、長期治療が望ましい・・・。

短時間で手軽に処理出来る脱毛法としてワックスが好まれているのに、このような状態になってしまうとリスクが多くて使えなくなります。
ですから、対策としてワックス脱毛する場合、埋没毛が出来る可能性も考えて、デリケートゾーンには施さないほうが良いでしょう。
腕や足などは一気に脱毛出来るので魅力的です。

ただ、やはりデリケートな部分であるアンダーヘアはワックス処理は行わないか、プロの専門サロンか美容外科クリニックにお願いするようにしたほうが良いですね。

やはり脇や、アンダーヘアは全身の中でもダントツに毛が濃いです。

医療レーザー脱毛でアンダーヘア自体を無くす人も増えている程みなさんアンダーヘアの濃さが嫌なのです。